この記事をシェアする

コンセントがあるところ

場所を探しておこう

ドリンクメーカーでも仲介業者に任せる場合でも、事前に自動販売機を設置できる場所を考えておきましょう。
いざ導入する時になってから、場所を探すのは遅いです。
業者にも迷惑を掛けるので事前に探しておき、ここに設置したいという旨を伝えておきましょう。
ポイントはコンセントがあることと、自動販売機を設置できるだけのスペースがあることです。

コンセントがなければ、電気を使用できません。
ほとんどの自動販売機は電気を使って稼働するので、絶対に必要な存在だと思ってください。
また大きな自動販売機になると、それだけ広いスペースが必要です。
どうしても大きな自動販売機を設置できるスペースがなかったら、小さいサイズの自動販売機を選択しましょう。

お湯を出せる場所

お腹が空いた社員用に、カップラーメンを自動販売機で販売するのが良い方法です。
しかしカップラーメンは、お湯がなければ食べることができません。
自動販売機から給湯室までの距離が遠いと、そちらまで行かなければいけないので面倒な手間が発生します。
カップラーメンがある自動販売機は、給湯室などお湯がすぐ使える場所の近くに設置するのが良いですね。

また自動販売機で買ったものを飲んだり食べたりして、すぐゴミを捨てられるようにゴミ箱を設置することも忘れないでください。
ゴミ箱がないと、社員がそれぞれゴミを持ち帰らなければいけないので手間が発生します。
どうすれば社員が快適に自動販売機を使えるのか、考えて工夫してください。