この記事をシェアする

注目するポイントとは

どんなドリンクを求めているのか

ドリンクの自動販売機といっても、缶やペットボトルを求めている人がいますし、紙コップのコーヒーを求める人もいます。
様々な社員の要望に対応できるように、自動販売機の種類を増やすのが良い方法ですね。
特に淹れたてのコーヒーを味わいたい社員は、紙コップを求める傾向が見られます。
せっかくオフィスに自動販売機を導入しても、ニーズに合わなかったら誰も使ってくれないので意味がありません。

社員が希望するドリンクを確保することで、モチベーションを高めることができます。
特にコーヒーやお茶を飲みながら仕事を進める社員が多いので、選択肢を増やしてください。
社員のモチベーションが高まると、もっと円滑に仕事が進むようになります。

コンビニに行く手間を省く

これまではお腹が空いた社員は、コンビニまで軽食を買いに行っていたと思います。
しかし近くにコンビニがあったとしても、わざわざオフィスを出て行くのは面倒です。
自動販売機があれば面倒を解消できるので、パンやカップラーメンなどの軽食を販売するタイプを導入してください。
自動販売機と聞くと、ドリンクを扱うものをイメージする人が多いです。

しかし今は種類がどんどん増えて、軽食も販売できるようになっています。
お菓子を販売する自動販売機があると、甘いものが好きな社員から好まれます。
ドリンクよりも軽食の自動販売機を求める社員が多いかもしれないので、導入する前に社員にアンケートを取りましょう。
すると、ニーズに合わせて導入できます。